京都駅からブレーメの丘へアクセス|バス・電車・車の行き方紹介

アクセス

ブレーメの丘は滋賀県湖東にある蒲生郡日野町にある人気観光地です。酪農をテーマとした体験型の農業公園で、日常では出会うことがない動物と触れ合ったり、お野菜の収穫体験やバーベキューなど様々なイベント・アクティビティが用意されています。子供から大人まで世代を超えて楽しめる場所として滋賀県外の大阪や三重からの観光客も多いです。この記事では、ブルーメの丘へのアクセス方法を紹介しています。記事の最後にはブルーメの丘の詳細情報をまとめています。ブルーメの丘へ行く場合はぜひ、ご参考になさってください。

ブレーメの丘へのアクセス方法

滋賀県日野町の鈴鹿山脈の麓(ふもと)にあるブレーメの丘への主なアクセス方法は以下となります。

  • バス
  • 電車(+バス)
  • 自動車

バス

近江八幡駅南口からブレーメの丘の最寄りバス停へ向かう近江バスが運行しています。50分ほどバスに乗るとブレーメの丘の最寄りバス停「幅野町」に到着します。バス停から日野商人街道を東に進み、途中で左折して西大路公民館の前を通りまっすぐに進むと10分ほどでブレーメの丘に到着します。バスは1時間に約1本しかありませんが、乗り過ごしても近江八幡駅周辺にはお店がたくさんあるので時間をつぶすには心配いりません。

  • 所要時間(近江八幡駅〜幅野町):約50分
  • 乗車料金:720円
  • バスの本数:1時間に約1本
  • 時刻表:日野駅(北畑口行き)

電車(+バス)

近江八幡駅から近江鉄道に乗り換え、ブレーメの丘に程近い日野駅を目指します。日野駅までは50分ほどかかり、さらに駅から近江バスに乗ることから時間に余裕がある人におすすめの移動方法となります。さらに近江鉄道の電車の本数は1時間に約2本となるので、乗り遅れると大幅に旅行の予定が崩れるおそれがありますのでご注意ください。

日野駅に到着後、バス停「日野駅」からバス停「幅野町」へ向かいます。バスは1時間に約1本しかありません。15分ほど乗車した後、バス停幅野町からブレーメの丘まで10分ほど歩きます。個人的には所要時間を考えると、近江八幡駅から近江バスに乗ることをおすすめします(乗り換える必要がないため)が、ブレーメの丘に向かいながら昔懐かしい田舎の風景を感じたい方には近江鉄道経由で移動するこちらのアクセス方法をぜひ試していただきたいです。

  • 所要時間(日野駅〜幅野町):約15分
  • 乗車料金:350円
  • バスの本数:1時間に約1本
  • 時刻表:日野駅(北畑口行き)

自動車

バスと電車でのアクセス方法を確認していただければ、公共交通手段を使用した場合、アクセスが良いとは言えないことがお分かりいただけると思います。ブルーメの丘の位置からほとんどの方は自動車で向かうでしょう。ただし、出発する方面によって最寄りのICが異なってくるので、主な出発地からのアクセス方法をそれぞれ紹介します。

京都・大阪方面からブルーメの丘へ向かう場合

出発地が京都・大阪の場合は、名神高速道とをしようします。その場合、ブルーメの丘の最寄りICは「蒲生スマートIC」もしくは「竜王IC」となります。それぞれのICからの距離は以下となります。

  • 蒲生スマートIC〜ブルーメの丘:約15キロメートル
  • 竜王IC〜ブルーメの丘:約22キロメートル

距離だけで判断すると蒲生スマートICが良いように見えますが、約7キロメートルしか距離は変わらないので、所要時間としてはほとんど変わりません。したがって、ETC搭載で高速道路を優先する場合は蒲生スマートIC、そして料金優先の場合は、竜王ICを使うと良いでしょう。ちなみに竜王ICから一般道路を利用してブルーメの丘へ向かった場合、約30分ほどで到着します。

京都からブルーメの丘へ(竜王IC)

  • 所要時間(京都東IC〜竜王IC〜ブルーメの丘):約53分
  • 距離:約53キロメートル
  • 通常料金:1000円
  • 休日ETC:730円

京都からブルーメの丘へ(蒲生スマートIC)

  • 所要時間(京都東IC〜蒲生スマートIC〜ブルーメの丘):約51分
  • 距離:約53キロメートル
  • 通常料金:1150円
  • 休日ETC:840円

大阪からブルーメの丘へ(竜王IC)

  • 所要時間(豊中IC〜竜王IC〜ブルーメの丘):約86分
  • 距離:約100キロメートル
  • 通常料金:2480円
  • 休日ETC:2210円

大阪からブルーメの丘へ(蒲生スマートIC)

  • 所要時間(豊中IC〜蒲生スマートIC〜ブルーメの丘):約84分
  • 距離:約100キロメートル
  • 通常料金:2640円
  • 休日ETC:2330円

竜王ICで降りても蒲生スマートICで降りても所要時間・料金はほとんど変わりません。

彦根・岐阜方面からブルーメの丘へ向かう場合

彦根・岐阜方面からブルーメの丘へ向かう場合は名神高速を利用してください。ブルーメの丘の最寄りICは八日市ICとなります。

彦根方面からブルーメの丘へ(八日市IC)

  • 所要時間(八日市IC〜ブルーメの丘):約39分
  • 距離:約38キロメートル
  • 通常料金:730円
  • 休日ETC:510円

岐阜方面からブルーメの丘へ(八日市IC)

  • 所要時間(岐阜各務原IC〜ブルーメの丘):約79分
  • 距離:約102キロメートル
  • 通常料金:2500円
  • 休日ETC:1750円

新名神高速道路を利用してブルーメの丘へ向かう場合

新名神高速道路を利用する場合は、上がり(西方面から)と下り(東方面から)で最寄りICが異なります。上がりの場合は甲南IC、下りの場合は土山ICとなります。

新名神高速道路(上がり)

  • 所要時間(甲南IC〜ブルーメの丘):約30分
  • 距離:約22キロメートル

新名神高速道路(下り)

  • 所要時間(土山IC〜ブルーメの丘):約79分
  • 距離:約11キロメートル

ブルーメの丘の駐車場について

ブルーメの丘を訪れる方のほとんどは自動車でアクセスすると思います。駐車場があるかないかは気になりますよね。安心してください。ブルーメの丘には約3000台の自動車を停められる駐車場があります!さらに、駐車場料金は無料、場所によっては有料で提供していますがブルーメの丘は良心的です。かなりの数の自動車を停められるので、観光シーズンでも駐車場について心配する必要がないでしょう。

ブレーメの丘の詳細情報

  • 住所:滋賀県蒲生郡日野町西大路843
  • 電話番号:074-852-2611
  • 駐車場:無料

ブレーメの丘の参考動画

まとめ

今回はブレーメの丘へのアクセス方法を紹介しました。車でないとアクセスしづらい場所にありますが、電車やバスでも向かうことができます。豊富なアクティビティやバイキングなどのグルメなど子供から大人まで楽しめる場所なので近江八幡へ旅行を考えているならぜひ訪れていただきたい場所です。最後までお読みいただきありがとうございました。滋賀観光のお役に少しでも役立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました